読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は琥珀色 ~家飲みウイスキーのことなど~

しみじみとウイスキーのお話を

【番外編】 先月の晩酌

先月は忙し過ぎてあまり晩酌ができなかったですね。そんな中でも新作3本、とはいえお気に入りの銘柄なので新鮮味はありませんw 【先月のベスト】 風の森 無濾過無加水 純米吟醸 しぼり華 雄町60(奈良) 豊潤でかつ華やか、微発泡ゆえの後味のさわやかさ。…

グレンモーレンジ18年

今回は不思議と今まで取り上げてなかったグレンモーレンジにしたいと思います。日本でもお馴染みでファンも多いグレンモーレンジ。バーや店頭でもオリジナルはよく目にしますね。グレンモーレンジといえばバーボン樽熟成。果実感やフローラルさに定評があり…

サントリー EXPO '70 従価特級

先日、大阪万博絡みの施設で個人的に大きなイベントがあったので、いいきっかけだと思いましてこのボトルを取り上げてみたいと思います。サントリーが1970年に開催された大阪万博の開催記念に発売したEXPO '70です。1970年というとローヤルは発売から10年が…

サントリー 角瓶(黄角)

気付いてはいました。フツーの角瓶を取り上げていないことを。でもですね、角瓶って家じゃ飲まないくなって久しいんですよね。外でハイボールを流し込むのはサイコーにウマいんですけど、わざわざ角瓶を買って家で飲むシーンが既に…とか思ってたのですが、先…

【企画もの】 サントリー響 5種比較(ジャパニーズハーモニー、12年、17年、21年、ゴールドキャップ)

企画ものです。サントリーが誇るプレミアムブレンデッドライン、響。1990年の発売以降、ブランド力を高め今やサントリーの金看板の1つまで成長しました。海外からの評価も高く国際的な金賞は常連、需要も旺盛で特に21年や30年はプレミアムがついて品薄状態…

【番外編】先月の晩酌

先月は増えすぎた在庫の消化に専念したので、新作は1本だけです。4合瓶でも7本も8本も抱えては冷蔵庫に入りませんw おかげさまで半数以上は空瓶にできましたし今月からは再発進したいですね。 【先月のベスト】 黒牛 雄町 純米 無濾過生原酒(和歌山) …

オーバン14年

最近は比較的ブレンデッドを取り上げる機会が多かったので、今回は久々にスコッチのシングルモルトで行きたいと思います。チョイスしたのはハイランドの佳酒、オーバン14年です。オーバンはモエヘネシーディアジオにおいてプレミアムモルトの一角を担う、有…

バランタイン21年

今月もバランタインです。少し昔のボトルが続いていたので、現行ボトルになる21年にします。歴史あるバランタインの中でこの21年は最も新しく、2007年にラインナップに加えられたニューカマーになります。バランタインといえばファイネスト、12年、17年、30…

竹鶴21年

久々に竹鶴を取り上げてみたいと思います。今回は定番ラインとしては最も熟成の進んだ竹鶴21年です。値上げ前は8,000円ぐらいで買えていましたが、今や15,000円に消費税がつくのでほぼ2倍な感じです。値上げに慣れてきたとはいえ、毎回ギョッとさせられます…

【番外編】先月の晩酌

ようやく環境も落ち着いてきたこともあり、晩酌のペースも戻ってきました。週末は出先で地酒を買う機会も増え、結果として結構な本数を抱えることになってしまいました。当然ではありますが、地域によって品揃えが大きく変わりますね。都内ではあまり見かけ…

【企画もの】 バランタイン 4種比較(ファイネスト、12年、17年、30年)

不定期な企画ものです。今回はバランタインにしてみましょう。世界的に支持を受けるバランタイン。その歴史は古く、1800年代にはブレンデッドウイスキーの製造を開始、今も残るラインアップとしては1910年に発売されたバランタインファイネスト、1937年に発…

ブラックニッカクリア

よく考えたらブラックニッカシリーズの中で、クリアだけ取り上げてなかったんですね。気付いてしまいました。まあぶっちゃけクリアを買うシチュエーションがなかったですし、今更買って飲む必要も感じてなかったわけですが、引越しに際してボトルを先に箱詰…

響17年

響は比較的取り上げているのですが、よく考えたらど真ん中のボトルが抜けていたのでそれにしたいと思います。響17年です。ご存知の通り、響は1989年にプレミアムブレンデッドラインとして発売されましたが、当初は年数表記がありませんでした。ただ17年相当…

【番外編】先月の晩酌

花粉症はおさまってきたので「存分に飲むぞ」と意気込んでいたんですが、引っ越したあとが片付かずペースはさらに落ち着いてしまいました。月の後半になって環境が整ってきたのと、いい感じの酒屋さんも開拓できてきたので少しずつペースも戻していきたいで…

ブラックニッカ スペシャル

ブラックニッカシリーズの中で唯一取り上げられていなかったブラックニッカスペシャル。「昔飲んでたし、今更買うのもなあ」とか迷っていたのですが、年末に帰省したところ実家にデデン(何と1,440mlボトルw)と置いていたので早速飲ませてもらいました。720…

バランタインファイネスト(古いの)

はい、月刊バランタインです。前回はブランドの主力17年でしたので、今回はマーケットの主力となるファイネストの1970年代頃のボトルでいきましょう。ファイネストは歴史あるバランタインのラインナップでも最も古く、1910年に発売が開始されました。日露戦…

グレンリベット アーカイブ

久々にグレンリベットを取り上げてみたいと思います。少し前まで流通していたグレンリベット アーカイブです。熟成年数は記載されておりませんが、海外のサイトだと15年相当のようですね。現行だと15年フレンチオークリザーブと同じ位置づけといったところで…

【企画もの】 スーパーニッカ 3種比較(復刻版、従価特級、現行ボトル)

久々に企画ものです。ニッカが展開するブレンデッドラインの1つ、スーパーニッカ。1962年、サントリーのローヤルと並んで国内最高級のブランドとして投入されました。以来、ニッカの高級ブレンデッドの原点として存在感を発揮し、50年以上経った現在もなお…

【番外編】 先月の晩酌

諸事情で外で飲む機会が増えたため、先月に引き続き家飲みはおだやかなペースになりました。寒さも少しだけ和らいだ一方で花粉症の猛威に鼻がやられたため、純米吟醸のふくよかな吟醸香じゃないと香りが拾えない状況に陥ってしまいましたね。4月も環境が変…

バランタイン17年(古いの)

今月もいきます、月刊バランタインです。今回はようやくというかやっとかという感じもする、バランタイン軍の主力中の主力、バランタイン17年です。歴史あるバランタインの中でも初めて熟成年数表記でリリースされたのがこの17年、時は実に1937年。(二次大…

キリン 富士山麓 樽熟原酒50° (新旧富士山麓比較)

昨年から商品構成の再編を進めていたサントリーやニッカに対し、主力商品であった富士山麓18年の終売ぐらいで静観の構えだったキリンがようやく動きました。キリンの主力中の主力である富士山麓を3/22にリニューアル新発売。それに伴い容量を以前までの600ml…

スーパーニッカ 従価特級

予告通り、年末の大掃除で発掘したこのボトル、スーパーニッカの従価特級でいきたいと思います。並べて見るとわかりますが、復刻版のボトルとはフォルムが違います。このボトルの方が重心が下にあって、よりスライム的な印象が強いです。あと何といっても肩…

初号スーパーニッカ復刻版

バーボン、アイリッシュと来たので飲み慣れたブレンデッドに戻りたいと思います。ちょうど1年前ぐらに発売されたニッカのブレンデッド、スーパーニッカの復刻版です。バーで飲んで「あ、結構ウマいな」と思いながらも、当時は余市祭りでワッショイしてた頃…

ブッシュミルズ 21年

先日のティーリングで味を占めたので今度はアイリッシュの代表格、ブッシュミルズにいきたいと思います。来週3/17はセントパトリックスデーですしね。ブレンデッドがメインのアイリッシュの中でブッシュミルズはシングルモルトの生産を続けてきた蒸留所です…

ジムビーム

久々にバーボンにいきたいと思います。先日、映画を見た際のお供にとコンビニでベビーボトルのお酒を物色していたところ、目に入ったので買ってみたのがこれ、ジムビームです。200mlのミニボトルなんですけど、ペットボトルなんですね。ジムビームはエントリ…

【番外編】 先月の晩酌

年末年始にかけてハイペースで飲んでいたのと、家族に災厄が続いたのもあって少しペースダウンです。あと寒いとどうにもダメですね。晩酌してソファで宵寝、気付くと真夜中…ってダメ人間生活になってウイスキー飲めてません。そうこうしてるうちに花粉症。あ…

ティーリング シングルモルト

突然のアイリッシュです。先日、初めて飲む機会があった知人から「アイリッシュとかカナディアンが好きですね。ブッシュミルズとか」と聞かされたときに興味を持ち、じっくり試してみたくなっていたのでした。ブッシュミルズのエントリーモデルはバーで飲ん…

響 ジャパニーズハーモニー

前回の響21年に引き続き響シリーズといきましょう。昨年3月に満を持して発売された、サントリーが誇るプレミアムブレンデッド響のエントリーラインとなる、ジャパニーズハーモニーです。居酒屋などでは幾度か飲んだことがあったのですが、帰省の際に親父と…

響21年

ブレンデッドが続いてるので、今回もその流れでいきましょう。その代わり、ちょっとグレードを上げてみます。サントリーが誇るプレミアムブレンデッド響、その中でも上位に位置する響21年です。21年だけラベルが黒なのでわかりやすいですね。700mlのボトルは…

【緊急企画】トマーティン12年 ハイボール チョコレートボンボン

世の中はバレンタインで盛り上がっていますね。結婚して子供(特に息子)がいる身になるといつもの日常となんら変わらないわけですが、そんな醒めた自分を奮い立たせてネタに走りたいと思います。何せ「気の抜けたウイスキーブログ」を標榜している幣ブログ…

バランタイン12年(古いの)

ひっそりと続けているバランタインシリーズです。あまりにド定番過ぎていま一つウケはよくありませんが、個人的に気に入っているのでめげずに続けていきますw 今回はファイネストと並び売上の主軸を担うバランタイン12年、の古いのです。明治屋の従価特級の…

サントリー 角瓶 復刻版

正月に帰省していたときに見つけてしまったボトルでいきたいと思います。それがこれ、サントリー角瓶 復刻版です。昨年の春に限定発売されたもので、都内ではもうあまり見かけなくなっていたところ、どうしたわけか実家近くのスーパーで見かけたので何かの縁…

【番外編】 先月の晩酌

年を明けても飲みに飲みました。家飲みだけでなく新年会でも。次々に店に並ぶ新酒の数々…飲むしかないじゃないですかw てなわけで先月も結構な本数になっています。うー、身体が重い…(遠い目) 【先月のベスト】 黒牛 純米吟醸 中取り無濾過生原酒(和歌山…

白州蒸留所限定シングルモルト

年明け以降しみじみ系を続けてきましたので、ここいらで少し違う趣向のものを紹介したいと思います。サントリーが保有するシングルモルトの双璧、白州。その白州蒸留所のファクトリーショップでは、市場で出回ってるサントリー扱いのウイスキー(ラフとかボ…

バランタイン ゴールドシール 12年

寒い日が続きますね。こういう日にはじっくり味わうというよりまずは身体を温める1杯的な需要も高まってくるというもの。そんなときは個性が強いシングルモルトよりも穏やかなブレンデッドの出番でしょう...とムダに長い前振りを経て、穏やかなブレンデッド…

サントリー オールド 特級

何だか流れ的にベーシックが来ているような気がしますので、今回もその流れに乗ってみたいと思います。戦後、日本のウイスキー市場を開拓し席巻したサントリー・オールド。ローヤルよりも古く、戦後まもない1950年に発売開始、最盛期の1980年には年間1,240万…

グレンフィディック18年

前回のローヤルつながりと言いますか、やはりベーシックのよさってあるよなあ...ということで、今回もグッとベーシックに寄ってみたいと思います。スコッチのシングルモルトの原点、グレンフィディックです。1960年代、シングルモルト販売の草分けとなったグ…

【番外編】 先月の晩酌

今年もこのセコい企画を続けますw それにしても年の瀬にかけてかなりの飲んだくれになってしまいました。鍋料理が増えるのと、新酒が出回り始めたせいですね。帰省してからもハイペースで瓶を買い込んだので月間としてはちょっとダメな本数になっています。…

サントリー ローヤル '60

新年明けましておめでとうございます。かようにひっそりとした零細ブログにお越しいただいて感謝です。これからもひっそりとしていきますのでささやかなご愛顧を。んで新年一発目といえば、ローヤルってのが何十年か前の定番だったと思います。それに倣って…

琥珀色アウォード2015

改めてになりますが、かような零細ブログにお越しいただきありがとうございます。ノリで始めたこのブログ、個人的な備忘録の要素が強くてすいません。これからも細々とやらしていただきますので、お目汚しでなければまたよろしくお願い致します。んで、年内…

バランタイン30年

かような零細ブログにお越しいただきありがとうございます。ひっそりと潜行運用をしておりましたが、年内のボトルはこれにて打ち止め(まとめみたいなのはやります)とさせていただきます。今年のトリに何がいいかなと思案しておりましたが、やはりそれなり…

サントリー 響 (古いの)

今回もオールドボトルといきましょう。これまた余市ハントの際に捕獲したのがこのボトル、響のオールドボトルです。このとき他にもはバランタイン12年ゴールドシールとホワイトホース エクストラファインもあったのでついでに買ってホクホクでした。(バラン…

ジョニーウォーカーブラックラベル(そこそこ古いの)

愛すべきジョニ黒シリーズも3つ目です。前回は恐らく80年代のボトルでしたが、今回は70年代のボトルになります。恐らくですけど。このジョニ黒、夏ごろに余市を探しているときに入った鄙びた日本酒メインの酒屋の片隅にひっそりと佇んでいたものを捕獲した…

バランタイン クリスマスリザーブ (2015)

突然の季節限定物にしてみたいと思います。特別欲しかったわけではないのですが、「まあ手ぶらで帰るのもな」と目に入ったボトル、それがこのバランタイン クリスマスリザーブです。ちょこちょこと限定物を出しているバランタイン、クリスマス限定商品は去年…

リンクウッド15年 G&M

前回のバルヴェニーに続いてトースト感溢れるモルトにしたいと思います。それがこれ、リンクウッド15年G&Mです。まあマイナーですよねえ…リンクウッド。もともとシングルモルトでの販売は少量、しかも現在はオフィシャルボトルの販売はしていません。オーナ…

【番外編】 先月の晩酌

アクセス数だけで言えばマイナーなウイスキーのエントリーより稼ぐこのノリ企画、そこそこウケてるから続けるやらしさ爆発ですw 【先月のベスト】 楯野川 中取純米大吟醸(山形) 中取純米大吟醸と贅沢な1本。豊かな吟醸香、深い味わい、バランスのいい余韻…

バルヴェニー14年 キューバンセレクション

現行品に戻しましょう。スコッチのシングルモルトの中でも世界的ブランドであるグレンフィディック…の隣にある蒸留所、バルヴェニー。あまり表舞台に出てこないながらも伝統的で丁寧な作りで固定ファンが多い印象です。12年のダブルウッドやトリプルウッドな…

グレンエルギン(古いの)

前回のジョニ黒古めを受けて今回もオールドボトルにします。ホワイトホースのキーモルトの1つとして有名なグレンエルギンです。ラベルにも大きくホワイトホースのロゴが記載されていますね。当時のグレンエルギンの位置づけが窺い知れるというもの。今はグ…

ジョニーウォーカーブラックラベル12年(古いの)

今回は少し趣向を変えてオールドボトルにします。あまり家飲みではオールドボトルは飲まないんですけどね。詳しくはないのですが、これはジョニーウォーカーブラックラベル12年の恐らくは80年代のもの。先月のジョニ黒企画で使用したボトルです。義実家のパ…

ロンサカパ センテナリオ 23年

ずっとシェリー系スコッチを続けてきたので閑話休題、ウイスキーからも離れて唐突にラムといきましょう。とはいってもたまーに飲む程度なので、ド定番のものしか知らないんですけどねw そんなわけでロンサカパ センテナリオ 23年です。グアテマラのダークラ…