読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は琥珀色 ~家飲みウイスキーのことなど~

しみじみとウイスキーのお話を

シングルモルト(海外)

グレンモーレンジ18年

今回は不思議と今まで取り上げてなかったグレンモーレンジにしたいと思います。日本でもお馴染みでファンも多いグレンモーレンジ。バーや店頭でもオリジナルはよく目にしますね。グレンモーレンジといえばバーボン樽熟成。果実感やフローラルさに定評があり…

オーバン14年

最近は比較的ブレンデッドを取り上げる機会が多かったので、今回は久々にスコッチのシングルモルトで行きたいと思います。チョイスしたのはハイランドの佳酒、オーバン14年です。オーバンはモエヘネシーディアジオにおいてプレミアムモルトの一角を担う、有…

グレンリベット アーカイブ

久々にグレンリベットを取り上げてみたいと思います。少し前まで流通していたグレンリベット アーカイブです。熟成年数は記載されておりませんが、海外のサイトだと15年相当のようですね。現行だと15年フレンチオークリザーブと同じ位置づけといったところで…

ブッシュミルズ 21年

先日のティーリングで味を占めたので今度はアイリッシュの代表格、ブッシュミルズにいきたいと思います。来週3/17はセントパトリックスデーですしね。ブレンデッドがメインのアイリッシュの中でブッシュミルズはシングルモルトの生産を続けてきた蒸留所です…

ティーリング シングルモルト

突然のアイリッシュです。先日、初めて飲む機会があった知人から「アイリッシュとかカナディアンが好きですね。ブッシュミルズとか」と聞かされたときに興味を持ち、じっくり試してみたくなっていたのでした。ブッシュミルズのエントリーモデルはバーで飲ん…

グレンフィディック18年

前回のローヤルつながりと言いますか、やはりベーシックのよさってあるよなあ...ということで、今回もグッとベーシックに寄ってみたいと思います。スコッチのシングルモルトの原点、グレンフィディックです。1960年代、シングルモルト販売の草分けとなったグ…

リンクウッド15年 G&M

前回のバルヴェニーに続いてトースト感溢れるモルトにしたいと思います。それがこれ、リンクウッド15年G&Mです。まあマイナーですよねえ…リンクウッド。もともとシングルモルトでの販売は少量、しかも現在はオフィシャルボトルの販売はしていません。オーナ…

バルヴェニー14年 キューバンセレクション

現行品に戻しましょう。スコッチのシングルモルトの中でも世界的ブランドであるグレンフィディック…の隣にある蒸留所、バルヴェニー。あまり表舞台に出てこないながらも伝統的で丁寧な作りで固定ファンが多い印象です。12年のダブルウッドやトリプルウッドな…

グレンエルギン(古いの)

前回のジョニ黒古めを受けて今回もオールドボトルにします。ホワイトホースのキーモルトの1つとして有名なグレンエルギンです。ラベルにも大きくホワイトホースのロゴが記載されていますね。当時のグレンエルギンの位置づけが窺い知れるというもの。今はグ…

グレンファークラス21年

ここ数回続けてきたシェリー系シリーズも一旦は〆になります。〆はシェリー系ではマッカランと並び称されるグレンファークラス。いまだ家族経営を維持するグレンファークラスは市場に左右されることなく、それゆえ長熟モルトを豊富に抱える魅力的な蒸留所で…

グレンドロナック12年ペロドヒメネス シェリーパンチョン 2003

どんどんシェリー系を続けます。今、お店などの棚面積を眺めるにシェリー系ではマッカランの次ぐらいに存在感があるグレンドロナックです。特にグレンドロナック12年は値上げで6,000円まで跳ね上がったマッカラン12年に代わってシェリー系デイリー需要を充た…

ベンリアック12年シェリーウッド

まだまだシェリー系を続けます。ここ数年でシェリー系のド定番に定着した感のある、ベンリアック12年シェリーウッド。初めて入るバーで「シェリー系で何か」とオーダーするとこのベンリアックを勧められる割合はすごく高いですね。それだけ広く認められてい…

エドラダワー10年

せっかくなのでシェリー系を続けたいと思います。涼しくなってくるとシェリー系が美味しくなってきますしね。今回はスコットランドでもかなり小さい蒸留所のエドラダワー10年です。あまり知名度はありませんが、余市や竹鶴が品薄になり始めた今年の年明けあ…

アベラワー アブーナ

スコッチを続けます。スペイサイドのほんのり系、アベラワー。ただし、今回はほんのり系のアベラワーとは思えない、驚きの個性を持ったアブーナです。スリムなボトルが特徴のアベラワーにあって、デデンとしたボトルが一際目を引くこのアベラワー アブーナ。…

ベンロマック10年

久々にスコッチにしましょう。余市終売狂騒曲の折、入る店入る店で売り切れに疲れ果てたストレスを発散するために勢いだけで買ってしまったボトル、ベンロマック10年になります。ベンロマックは旧ボトル含めて飲んだことがなかった蒸留所でしたし、スペイサ…

ラフロイグ10年

さらにスコッチのシングルモルト、アイラものを続けます。前回のボウモアが「アイラの女王」ならば、今回のラフロイグはさしずめ「アイラの帝王」と言ったところでしょうか。日本でも人気のラフロイグ10年、700mlのボトルは4,000~5,000円。かつてはボウモア…

ボウモア12年

スコッチのシングルモルトが続きます。スモーキーさを前面に押し出した抜群の個性で日本でも人気のアイラ・モルト。まずは入門にはうってつけと言われるボウモア12年です。700mlのボトルは3,500円前後。値段的にも入門価格ですね。 ボウモアといえばかつて経…

グレンリベット12年

スコッチのシングルモルトを続けたいと思います。先にナデューラ16年を紹介してしまいましたが、改めてグレンリベット12年です。グレンフィディックと並びスコッチの定番、スタンダードとも言うべきグレンリベット12年。700mlのボトルは2,500~3,000円でしょ…

マッカラン12年(シェリーオーク)

スコッチのシングルモルトもいきたいと思います。今回は王道のマッカラン12年(シェリーオーク)でしょう。確か日本で最も売れているスコッチのシングルモルトだったはずです。2015年の値上がりを経て700mlのボトルは6,000円前後ですね。 スコッチではジョニ…

グレンリベット ナデューラ16年

ようやくながら、スコッチのシングルモルトにいきたいと思います。まずは定番のグレンリベット、その中でも個性的なナデューラ16年です。定番中の定番、12年の前にナデューラ16年を書くのも変な話ではあります。700mlのボトルは6,500~7,500円前後ですね。 …