読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は琥珀色 ~家飲みウイスキーのことなど~

しみじみとウイスキーのお話を

【番外編】 先月の晩酌

先月は忙し過ぎてあまり晩酌ができなかったですね。そんな中でも新作3本、とはいえお気に入りの銘柄なので新鮮味はありませんw 【先月のベスト】 風の森 無濾過無加水 純米吟醸 しぼり華 雄町60(奈良) 豊潤でかつ華やか、微発泡ゆえの後味のさわやかさ。…

【企画もの】 サントリー響 5種比較(ジャパニーズハーモニー、12年、17年、21年、ゴールドキャップ)

企画ものです。サントリーが誇るプレミアムブレンデッドライン、響。1990年の発売以降、ブランド力を高め今やサントリーの金看板の1つまで成長しました。海外からの評価も高く国際的な金賞は常連、需要も旺盛で特に21年や30年はプレミアムがついて品薄状態…

【番外編】先月の晩酌

先月は増えすぎた在庫の消化に専念したので、新作は1本だけです。4合瓶でも7本も8本も抱えては冷蔵庫に入りませんw おかげさまで半数以上は空瓶にできましたし今月からは再発進したいですね。 【先月のベスト】 黒牛 雄町 純米 無濾過生原酒(和歌山) …

【番外編】先月の晩酌

ようやく環境も落ち着いてきたこともあり、晩酌のペースも戻ってきました。週末は出先で地酒を買う機会も増え、結果として結構な本数を抱えることになってしまいました。当然ではありますが、地域によって品揃えが大きく変わりますね。都内ではあまり見かけ…

【企画もの】 バランタイン 4種比較(ファイネスト、12年、17年、30年)

不定期な企画ものです。今回はバランタインにしてみましょう。世界的に支持を受けるバランタイン。その歴史は古く、1800年代にはブレンデッドウイスキーの製造を開始、今も残るラインアップとしては1910年に発売されたバランタインファイネスト、1937年に発…

【番外編】先月の晩酌

花粉症はおさまってきたので「存分に飲むぞ」と意気込んでいたんですが、引っ越したあとが片付かずペースはさらに落ち着いてしまいました。月の後半になって環境が整ってきたのと、いい感じの酒屋さんも開拓できてきたので少しずつペースも戻していきたいで…

【企画もの】 スーパーニッカ 3種比較(復刻版、従価特級、現行ボトル)

久々に企画ものです。ニッカが展開するブレンデッドラインの1つ、スーパーニッカ。1962年、サントリーのローヤルと並んで国内最高級のブランドとして投入されました。以来、ニッカの高級ブレンデッドの原点として存在感を発揮し、50年以上経った現在もなお…

【番外編】 先月の晩酌

諸事情で外で飲む機会が増えたため、先月に引き続き家飲みはおだやかなペースになりました。寒さも少しだけ和らいだ一方で花粉症の猛威に鼻がやられたため、純米吟醸のふくよかな吟醸香じゃないと香りが拾えない状況に陥ってしまいましたね。4月も環境が変…

【番外編】 先月の晩酌

年末年始にかけてハイペースで飲んでいたのと、家族に災厄が続いたのもあって少しペースダウンです。あと寒いとどうにもダメですね。晩酌してソファで宵寝、気付くと真夜中…ってダメ人間生活になってウイスキー飲めてません。そうこうしてるうちに花粉症。あ…

【緊急企画】トマーティン12年 ハイボール チョコレートボンボン

世の中はバレンタインで盛り上がっていますね。結婚して子供(特に息子)がいる身になるといつもの日常となんら変わらないわけですが、そんな醒めた自分を奮い立たせてネタに走りたいと思います。何せ「気の抜けたウイスキーブログ」を標榜している幣ブログ…

【番外編】 先月の晩酌

年を明けても飲みに飲みました。家飲みだけでなく新年会でも。次々に店に並ぶ新酒の数々…飲むしかないじゃないですかw てなわけで先月も結構な本数になっています。うー、身体が重い…(遠い目) 【先月のベスト】 黒牛 純米吟醸 中取り無濾過生原酒(和歌山…

【番外編】 先月の晩酌

今年もこのセコい企画を続けますw それにしても年の瀬にかけてかなりの飲んだくれになってしまいました。鍋料理が増えるのと、新酒が出回り始めたせいですね。帰省してからもハイペースで瓶を買い込んだので月間としてはちょっとダメな本数になっています。…

琥珀色アウォード2015

改めてになりますが、かような零細ブログにお越しいただきありがとうございます。ノリで始めたこのブログ、個人的な備忘録の要素が強くてすいません。これからも細々とやらしていただきますので、お目汚しでなければまたよろしくお願い致します。んで、年内…

【番外編】 先月の晩酌

アクセス数だけで言えばマイナーなウイスキーのエントリーより稼ぐこのノリ企画、そこそこウケてるから続けるやらしさ爆発ですw 【先月のベスト】 楯野川 中取純米大吟醸(山形) 中取純米大吟醸と贅沢な1本。豊かな吟醸香、深い味わい、バランスのいい余韻…

【番外編】 先月の晩酌

ノリと勢いだけのこの企画、今回もやりたいと思います。いつの日かガンバリマンかがぶがぶ君が登場したら「もうそのへんで止めた方がいい」と指摘してくださいw 【先月のベスト】 黒牛 中取純米生酒(和歌山) 純米大吟醸を彷彿とさせる華やかな香りと芳醇な…

ジョニーウォーカーブラックラベル 新旧比較

唐突に企画ものです。ジョニーウォーカーブラックラベルの新旧比較。特別な理由はありませんが、強いてあげるなら「ジョニ黒が美味しい」ってことでしょうかw 今回はこの3本、左から(恐らく)70年代と80年代、右のは現行です。ジョニ黒は古くから業者だけ…

【番外編】 先月の晩酌

ウイスキーは食中には飲まない派です。居酒屋とかだとたまに飲みますが、それでもハイボールです。そんなわけで、琥珀色ではありませんが先月の晩酌(醸したものがメインです)をダイジェストでご紹介する唐突な企画をしてみます。最初で最後かも知れませんw…

キリン ブレンド体験セミナー

先日、茅場町で開催されたキリン主催のウイスキーのブレンド体験セミナーに参加してきました。簡単な説明、ブレンド体験、質疑応答で2時間半、参加料は4,000円ほどでした。 ビールが主力のキリンにおいて、セミナー参加者から「キリンってウイスキー作って…

余市ヘビリーピーテッド・余市15年比較

新旧余市のノンエイジ比較は昨日やりましたので、今度はヘビリーピーテッドの比較をしてみたいと思います。ベンチマークとしては、価格帯的にも味わい的にも余市15年が相応しいと感じたのでこれでいきます。 ◆おさらいここはサラリといきます。 ◇余市ヘビリ…

新旧余市ノンエイジ比較

新余市の塩辛さを忘れないうちに、新旧の余市ノンエイジの簡単な比較をしてみたいと思います。 ◆まずはおさらいそれぞれの余市の味わいをサラリと。 ◇新余市ノンエイジ 香り:若さ、わずかにピート、塩 味わい:塩辛、45度以上のアタック感 余韻:塩 と荒ぶ…

サントリー、ニッカ、キリン グレーン比較

来月にサントリーから新発売となる「知多」、これで国内3社からグレーンウイスキーの定番ラインが揃うことになりました。そこでというわけではありませんが、これら3社のグレーンウイスキーのおさらいをしてみたいと思います。 ものすごくザックリ言うと、…

12年もの海外ブレンデッド比較「誰しもが一度は通る道」

というわけで気軽に買うことのできる12年ものブレンデッド、「誰しもが一度は通る道シリーズ」は一旦の区切りとします。オールド・パーもこの対象に入ると思いますが、価格的にシングルモルトと同価格になってきますので、対象からは外させていただきました…