読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は琥珀色 ~家飲みウイスキーのことなど~

しみじみとウイスキーのお話を

シーバスリーガル12年

f:id:JQTS:20150824202946j:plain

誰しもが一度は通る道シリーズ第2弾、シーバスリーガル12年です。この12年もののブレンデッドもほとんどのお店に置いています。700mlのボトルは2,500円前後。かつては空港の免税店のお土産といえばシーバスリーガル(かタバコ)だった記憶があります。
 
シーバスリーガルは競合であるバランタインジョニーウォーカーとは違って12年がボトムライン。海外ではノンエイジを販売しているかどうかわかりませんが、少なくとも国内ではややハードルが高くなっています。とはいえハーフボトルもあるので、気軽に買える12年の1つであることは間違いないでしょう。
 
開封してみます。ツンとしたハーブのような香りです。ストレートで口に含むとナッツのようなコクが少しきて、ハチミツに似た甘さがほんのり追いかけてきます。余韻もそこそこにアルコール感。よく言えばバランスが取れており、カドが立つ言い方をすればこじんまり。
 
このウイスキーを嫌いという人はいないでしょう。一方でこれがベストという人もまたそんなにいないと思います。世界的ベストセラーに相応しい、まん丸でベーシックな印象のウイスキーです。
 
 
【香 り】 黄色くなった葉っぱ?
【味わい】 香りよりは少し深い味わい
【余 韻】 スーっと抜けていく
【短 評】 飲んでるときはふんふんってなりますが、30分後には忘れている
【飲み方】 ロックでスイスイと流し込む
 
 

  

ごめんなさい、あんまり印象に残らなかったんですよねえ。バランスの取れたいいウイスキーだとは思うのですが、食後にしみじみと飲むにはいささか個性に欠けるといった感じでした。食事中に飲むとまた違った感想になるかもしれません。たまに居酒屋のメニューにも載っているので、いつか試してみたいと思います。