読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は琥珀色 ~家飲みウイスキーのことなど~

しみじみとウイスキーのお話を

ジョニーウォーカーブラックラベル12年

f:id:JQTS:20150824203024j:plain

誰しもが一度は通る道シリーズ第3弾、ジョニーウォーカーブラックラベル12年です。レッドラベルはコンビニでも置いているほど広く流通しています。このブラックラベルも置いていない店はほぼないでしょう。700mlのボトルは2,000~2,600円前後。在庫がダブついた店ではしばしばセールになっています。
 
この12年もののブレンデッドはいわゆる「ジョニ黒」として昔から名を馳せてきました。ウイスキーを知らなくても「ジョニ黒」ってのを聞いたことがある人は多いはず。レッドラベルにダブルブラック、果てはゴールドにブルーと今一つわかりにくいジョニーウォーカーブランディングですが、知名度的にブランドの象徴ともいえるブラックラベルはどうなんでしょう。
 
開封してみます。お、と思わせるスモーキーな香り。口に含めば嫌味でないビターさ、そのあとに隠れていた果実系の甘さがきます。余韻も樽っぽい木の香りをベースに若干のハチミツが顔をのぞかせて消える。
 
同じ12年もののブレンデッドであるバランタイン、シーバスリーガルとは方向性の違いがあります。どちらかといえば華やかな印象の両者に対し、ジョニーウォーカーブラックラベルはウイスキーらしいスモークさがあります。それでいて奥にほのかな甘さもあり、確かな個性を感じます。
 
 
【香 り】 程よくスモーキー
【味わい】 苦味のあとに甘さ
【余 韻】 薄甘い樽
【短 評】 買うときは気恥ずかしいけど、飲むと納得
【飲み方】 ストレートかなあ
 
 

 

  

かつて高級だったのに値崩れした舶来物はウイスキーに限らずよくある話で、正直いまだに買うときに若干の気恥ずかしさを感じるのですがw、なんだかんだと気に入ってる1本になります。ベーシックでありながら確かな品質。足りないのはブランディングのみ。
 
まあブランドをうまく再構築して値上がりされても困るので、今しばらくは気恥ずかしく買いますw