読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は琥珀色 ~家飲みウイスキーのことなど~

しみじみとウイスキーのお話を

グレンエルギン(古いの)

f:id:JQTS:20150824235813j:plain

前回のジョニ黒古めを受けて今回もオールドボトルにします。ホワイトホースのキーモルトの1つとして有名なグレンエルギンです。ラベルにも大きくホワイトホースのロゴが記載されていますね。当時のグレンエルギンの位置づけが窺い知れるというもの。今はグレンエルギンの知名度も上がってきてホワイトホースのロゴの記載はなくなりました。

知名度が上がったといえど、いまだグレンエルギンはメジャーな存在になったわけではありません。国内で流通しているオフィシャルも12年のみ、そのボトルも特筆すべき点はそんなにありません。しかしながら何故だかひっそりと生き残っているという。そう、振り返ればそこにグレンエルギンが。

と少し倒錯しながら開封してみます。慎ましやかな樽感と広がるオレンジペコのような香り。ほらそこ、薄いとか言わない。口に含むとスムースに馴染んでほのかにハチミツの甘さと、華やかってほどではないフルーティさが。余韻はスパイスがピリリとドライに切れ上がる。

穏やかに、ひたすらに穏やかなウイスキーです。真正面から向き合うのではなく、あまり考えずにボーっと飲む感じがいいと思います。私はこのグレンエルギンを「癒しのウイスキー」と認識していて、特に贔屓のチームが負けた日の夜に飲む機会が多いですね。これ飲んでボーっとするんです。ボーっと。


【香 り】 慎ましやかな紅茶
【味わい】 控えめにハチミツ
【余 韻】 スーッとスパイス
【短 評】 ほらそこ、薄いとか言わない
【飲み方】 ほんの少しだけ加水

  

  

こんなひっそりしたグレンエルギンも昨今の相場高を受けて上がってきたりしています。このボトルはそれなりに流通したらしく、まだ酒屋でも捕獲できないことはありません。大抵のバーで飲むことができるのですが、実際バーで飲むには緩過ぎる気もしますw いや、グレンエルギン好きですよ?でもグレンエルギンでいいんですか?w

あとこのボトルはどうもコルクの質がよくないらしく、結構な頻度でコルクが砕けます。さらにコルクの質せいなのか、コルキーなボトルの率が高い気がします。味わいは穏やか系なのにヒット率は案外穏やかではありません。で、リスクヘッジしようとすると結局バー飲みになるんですけど、どこからか「グレンエルギンでいいの?」という声が…w