読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は琥珀色 ~家飲みウイスキーのことなど~

しみじみとウイスキーのお話を

【緊急企画】トマーティン12年 ハイボール チョコレートボンボン

f:id:JQTS:20160213005116j:plain

世の中はバレンタインで盛り上がっていますね。結婚して子供(特に息子)がいる身になるといつもの日常となんら変わらないわけですが、そんな醒めた自分を奮い立たせてネタに走りたいと思います。何せ「気の抜けたウイスキーブログ」を標榜している幣ブログ、それに相応しいチョイスがこれ、トマーティン12年 ハイボール チョコレートボンボンです。

ま、最寄の東急ストアで売ってたのを偶然目にしたので買っただけですけどね。度数は3.5%の10粒で500円ぐらいでした。にしても数あるシングルモルトの中で敢えてのトマーティン、しかもハイボール仕様。(去年まではハイボールじゃなかったような...)このマーケティングガン無視の商品に漢気を感じた私は一遍の迷いもなくこのチョコレートを手にレジへと並んだのでした。

バレンタイン企画なのに自分で買ってるよ、とか思いながら開封してみます。まずはビターなチョコの香りが漂います。チョコだから当然ですね。口に含むとトロリとしたウイスキーの味わいがしっかりと感じられます。でもトマーティン12年は久しく飲んでません。「トマーティン...なのかな?」と必至に記憶を辿りながら転がすとチョコの甘みが広がります。まあチョコですからね。余韻はもうすっかりチョコです。すっごいチョコ。

f:id:JQTS:20160213005121j:plain

すごく...ウイスキーボンボンです.../// ウイスキーとチョコの相性の良さは周知の通り。ですので最初から一緒になってるのでマリアージュ済みです。楽チンですね。しかも入ってるウイスキー成分もちゃんとした感じですので、味わいも本格的です。甘党の私も満足の一品。まあ残念ながらトマーティン12年なのかは判別つきませんでしたが…w


【香 り】 チョコ
【味わい】 ウイスキーとチョコ
【余 韻】 チョコ
【短 評】 ウイスキーが好きなあの人に
【食べ方】 一口で

  

  

最初はね、竹鶴とか山崎のこじゃれ感たっぷりなチョコをと考えたのですが、「そんなこじゃれ感は求められていない」としっかりと自己分析をしているので止めました。そんな中に出会ったのがトマーティンですよ。もっとメジャーなスコッチは数多あるのに、トマーティンですよ?「うわすげえ、トマーティンだ」って買う人いますかね?この逆張りマーケティングには脱帽ですよ。

とか散々ネタにしていますが、ウイスキーボンボンとしては美味しかったです。ただ1つ注意が。見た目はフツーのチョコなので、子供が容赦なく狙ってきます。言うてもアルコール度数3.5%ありますので、隙をつかれて食べられてしまっては妻に怒られてしまいます。それだけは回避しましょうw