読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は琥珀色 ~家飲みウイスキーのことなど~

しみじみとウイスキーのお話を

【番外編】 先月の晩酌

先月は忙し過ぎてあまり晩酌ができなかったですね。そんな中でも新作3本、とはいえお気に入りの銘柄なので新鮮味はありませんw

 

【先月のベスト】

f:id:JQTS:20160808124152j:plain

風の森 無濾過無加水 純米吟醸 しぼり華 雄町60(奈良)

豊潤でかつ華やか、微発泡ゆえの後味のさわやかさ。やはり風の森はおいしいです。

 

【先月の次点】

f:id:JQTS:20160808124212j:plain

三芳菊 阿波山田錦特別純米 無濾過生原酒 限定直汲み(徳島)

三芳菊らしく笑っちゃうぐらいにフルーティーさ全振り設計。これはこれでアリですよねw

 

 

続きを読む

グレンモーレンジ18年

f:id:JQTS:20160430231425j:plain

今回は不思議と今まで取り上げてなかったグレンモーレンジにしたいと思います。日本でもお馴染みでファンも多いグレンモーレンジ。バーや店頭でもオリジナルはよく目にしますね。グレンモーレンジといえばバーボン樽熟成。果実感やフローラルさに定評があり、万人に愛されるブランドです。

そんなグレンモーレンジは2004年にモエヘネシーディアジオに買収され、今では流麗なボトルデザインに変更になり、ブランドを前に押し出してプレミアム感を強調するようになりました。すっかり上品になったグレンモーレンジ、中でも熟成がいい感じに進んだ18年を飲んでみたいと思います。

開封してみます。まずはシェリー、フローラルが香り立ちます。次いでナッティーさが顔を覗かせ、奥に少しの潮っ気も。口に含むとスムースに、ピーナッツバターのよう。余韻は長く、トースト感をベースにクリーム、メープルの甘さが続きます。華やかさと深みのバランス、バーボン樽熟成の完成系ボトルの1つだと思います。

丁寧な作りで飲みやすく、好感が持てる1本ですね。グレンモーレンジのオリジナル(10年相当でしたよね)と比べると香りの系統は似ていながらもより幅が広がっており、味わいや余韻はグッと深くなっています。口当たりはまろやかに、アルコール感はほとんどありません。18年熟成の価値が存分に表現されています。


【香 り】 フローラル、ナッティー
【味わい】 ピーナッツバター
【余 韻】 メープル
【短 評】 これぞバーボン樽熟成
【飲み方】 ストレート、少しの加水

 

 

続きを読む