読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は琥珀色 ~家飲みウイスキーのことなど~

しみじみとウイスキーのお話を

伊達

f:id:JQTS:20150824202530j:plain

「どこでも買える」というコンセプトにいきなり外れたチョイスになってしまいますが、ニッカの地域限定ブレンデッド、伊達になります。宮城峡蒸留所で生産され、宮城県内での限定販売となっているウイスキーですね。都内で販売しているお店は数件程度、700mlのボトルは3,200円前後でした。

この伊達、以前に南青山のニッカ ブレンダーズ・バーで飲んだことがあって、とても印象に残っていました。その伊達を購入するに至ったのは、前述の竹鶴17年の品薄状況にあります。都内の店頭から竹鶴17年が消えて久しくなり、代替となるニッカのブレンデッドを物色していたところ、伊達に白羽の矢が当たったわけです。

開封してみます。わかりやすい甘い香りです。バニラとかフルーツのような。口に含むと素直にまろやか、そのあとに若干のビターさが。余韻は味わいのビターさが程々に続きます。ライトビターなチョコに宮城峡の華やかな香りを加えたようなウイスキーですね。

バーで飲むのとはまた違う印象です。カフェモルトとかカフェグレーンとか、そんな薀蓄抜きに美味しいと感じました。家での一口飲んだときに思わず「あ、うま」とつぶやいてしまい、妻に気味悪がられてしまいましたw ノンエイジのブレンデッドということでどうしても格下に見られがちですが、なかなかどうして楽しい1本に仕上がっています。


【香 り】 バニラ
【味わい】 甘く、徐々にビターに
【余 韻】 ビタァァァー…って感じ
【短 評】 豊富な運動量と正確なクロスが売りのサイドバック
【飲み方】 ストレート、若干の加水

 

 

  

ぶっちゃけ竹鶴17年の代替として買った伊達ですが、その質に驚かされ、今ではリピート候補に躍り出た1本となりました。ノンエイジのブレンデッドに3,000円強は決して安い部類ではありませんが、価格以上の価値を感じています。ゲストを呼んだときには「宮城限定なんだよね」と話のネタにもなりますしねw