読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は琥珀色 ~家飲みウイスキーのことなど~

しみじみとウイスキーのお話を

フロム・ザ・バレル

f:id:JQTS:20150824202551j:plain

引き続きニッカ、一部の方には大人気のフロム・ザ・バレルです。500mlのボトルは1,800~2,200円程度。これも一時期店頭から消えてしまいましたね。一時期に比べたら見かけるお店が戻ってきましたが、先日発表されたニッカの値上げ対象となってしまいました。これでまた品薄状態に逆戻りでしょうね…

飾りっ気がまるでないラベル、特徴的な四角いボトル。外見だけではとても特徴があるウイスキーだとは思えません。ところがさり気なく表記している度数51.4°、標準的なウイスキーからさらに10°も高い。中身の半分以上がアルコールです。かすかに漂う危険な香り。

開封してみます。何とカラメルのような甘さがします。そしてドーンと51°のアルコール感。「この度数で甘い系とは」と驚きながら口に含むとコクのあるバニラのような甘さがねっとりと広がります。余韻は確かな甘さの奥から51°の強さがグッと喉を落ちていきます。

簡素なボトルとは真逆の個性際立つウイスキーです。マリッジとか樽出しとか、そんな薀蓄抜きにしてもウマい。シンプルに甘さと強さを前に押し出したわかりやすさ。このわかりやすさ故、カクテルのベース需要が高いというのも頷けます。


【香 り】 カラメル
【味わい】 甘し
【余 韻】 51°が目を覚ます
【短 評】 上背はないけどマンマークに優れたセンターバック
【飲み方】 ロック

 

 

  

51°もあるのでボディが強く、割ってもボヤけたりはしません。が、せっかくの甘さ・強さを完全に消してしまってももったいないので、ロックで飲むのが一番相性がいいと思います。慣れてしまえばストレートでも全然飲めますが、調子に乗って飲んでいると倒れますw

個性溢れるフロム・ザ・バレル、実はもう1つの個性があります。それは…とにかく注ぎにくいボトル。注ぎ口の大きさと長さが合ってないので確実に垂れます。すでに何本目かに突入しているのですが、ただの一度も垂れずに注げたことはありません!これは天使の分け前ではありません、天使の…まあいいでしょうw