読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は琥珀色 ~家飲みウイスキーのことなど~

しみじみとウイスキーのお話を

ジョニーウォーカーブラックラベル(そこそこ古いの)

f:id:JQTS:20150825000433j:plain

愛すべきジョニ黒シリーズも3つ目です。前回は恐らく80年代のボトルでしたが、今回は70年代のボトルになります。恐らくですけど。このジョニ黒、夏ごろに余市を探しているときに入った鄙びた日本酒メインの酒屋の片隅にひっそりと佇んでいたものを捕獲したものです。残念ながらその店では余市は手に入りませんでしたが、ジョニ黒を捕獲できてご満悦でしたw

早速開封してみます。確かなピートとシェリー、落ち着いた甘さが漂います。うーん、香りだけでいいウイスキーであることがわかります。口に含むとフルーツのジャム、マイルドなチョコ。余韻はジョニ黒らしくスモーキー、そこからトースト感が伸びてきます。

いやあ、美味しいですね。80年代のものからさらに重厚になっています。特に味わいのフルーティーさと余韻のトースト感がグッと増している。一方で保存年数の影響からかアルコールのアタック感が落ち着いて穏やかな印象が強くなっています。全体的に濃い、濃ゆいジョニ黒。大好きです、これ。


【香 り】 確かなピート、シェリー
【味わい】 フルーツジャム、チョコ
【余 韻】 スモーキー、トースト
【短 評】 ジョニ黒うますぎ
【飲み方】 ストレート

  

 

家飲みジョニ黒だとやはりこの年代が一番かなあ、と個人的には思います。美味さでいえばさらなる年代物の方が味わいも香りもいいのですが、コルク栓になるんですよね。50年前のコルク栓になると保存状態でかなりブレが出る…というかコルク臭がついてたり、コルクそのものが粉砕するリスクが高くなるんですね。この年代までならスクリューキャップなので劣化リスクが低い。

てなわけであくまで個人的にではありますが、このボトルまでは家飲み、それより年代物はバー飲みとしています。ま、こんな楽しみ方ができるのもジョニ黒ならではですねえw